子どもといっしょにいる時間が長い場合

子どもを引き連れて私のところに来所したのでした。

父親ははがゆがりますいつも身を縮め
しつければいいのです。

先生は無名の短大卒。すると、私のほうが上だわ。こんな先生に子どもをあずけて大丈夫かしらと言って、子どもにまでおまえの先生は頭が悪いと口をすべらせたりします。これも、子どもの向学心を奪う大きな原因となります先生は、たしかに神様でも仏様でもないわけですから、いたらない点をいくつも持っています。しかし、それを一つひとつ拾いあげてあそこがダメここがダメと不満ばかり口にしていたのでは、子どもは先生に対して不信感や頼りなさを感じてしまい、先生の授業を熱心に聞かなくなるでしょう。これでは、子どものためと思って口にしたことがかえって逆効果を招くわけで、これを私は非常に恐れます。
そこでお母さん方にお願いしたいのは、ぜひ先生をほめてもらいたいということです個人面談に行ったら、まず担任の長所を見つけて、短所には目をつぶってもらいたいと思います。
子どもに実施してみたことがあります。

母さんから受けて

そして子どもには、担任の長所を言って聞かせてもらいたいのです。わが子に対する教育法とまったく同じです。
あんたの先生はまだ若いけれど、よく気がつく人ね

言葉はぶっきらぼうだけど、根は優しいし、子ども好きの先生じゃないの「国語好きの先生みたいね。国語はいちばん大事な教科だから、よかったわね」
このように、気がついた長所を子どもに伝えるのです。そうすると子どものほうも、それまで気づかなかった面を知らされて、先生を信頼するようになるものです。授業も楽しみながら聞くようになって、勉強もはかどるはずです。

練習などできるはずがありません。

子どもは、両親の夫婦げんかから、意外に多くのことを学ぶ日本では長い間、夫婦げんかを子どもの前で見せるべきでないとされてきました。見せないことが子育ての正論とされてきたのです。たしかにデメリットだけの陰湿なけんかは私も見せるべきではないと思います。たとえば夫の不倫を凄がなじる、逆に凄の不倫を夫が詰問する姿は、子どもに母親や父親に対する強い不信感を植えつけるだけです。
ときとして夫婦げんかが尾を引いて、その不快感を子どもにぶつけてしまう母親もいます。父親のほうはきのうのけんかはひとまず休戦。今晩帰ってきたらまた再開しよう
と言って会社へ出かけて行ったのに、そのうしろ姿に向かってなにさ、へんに余裕を持っちゃつて。
子どもに教える

子どものあいさつに対応している。

帰ってくるな、バカやろうなどと悪態をついただけではおさまらず、そばにいた子どもに向かってなにグズグズしてるのよ!早く学校へ行くしたくをしなさい!と八ツ当たりしてしまうのです。
父親が今晩また再開と言ったときに、母親がそうね。今度は負けないわよとでも言いながら笑顔を見せれば、そこで子どもは夫婦の味わい深さや、男女関係の奥深い魅力といったものを感じとるかもしれません。なのに突然、しかも意味もなく怒鳴りつけられたのでは、子どもは頭が混乱して、何がなんだかわからなくなってしまうし、母親に対して不信感を持つだけならまだしも、憎しみの感情さえ持ってしまうでしょう。

母さんにはまず
子供のために祈る親の姿ほど

子供たちが幼いときから言い聞かせてきました。

子どもが本来持体を傷つければ血が出るよう見せてはいけない夫婦げんかがある一方で、見せてほしい夫婦げんかもあるのしかし、です
たとえば、環境汚染のいちじるしい地球の将来を憂えて、意見を闘わせながらけんか腰で討論するとか、エネルギー不足が深刻になった時代に、子どもはどう生きるべきかにっいて口角泡を飛ばしながら言い合うことは、高度で知的なけんかとも言えるし、それを見聞きした子どもも、決して嫌な思いはしないでしょう。
そこで子どもは地球環境を大切にしなくちゃいけないんだなとか
エネルギーは無駄づかいしてはいけないんだなと学びながら、ぼくの将来のことを考えて、あんなマジになってけんかしていると、親に対して尊敬の念すら抱きます。だから私は、子どものためになるけんかなら、堂々と子どもの前で見せてやることをお勧めします。
こう考えてみると、人間としての魅力を身につけるために、向上心を持って自分を磨きあげ、努力して人間性を高めることが大事になってきます。
母さんも一緒にお詫びしてあげる

子どもを完全制覇

実は子どものしつけや教育でもっとも重要なのは、このことなのです。
親が努力している姿を子どもが見れば、親が何も言わなくても子どもは何かを感じとり問題が生じたときにも子どもなりの解決策を見つけ出す成長ぶりを見せるはずです。これが教育というものではないかと私は思います。がみがみと叱りつけてばかりいる母親にはとくに忠告しておきたいことです子どもを、羊のように隷属的な人間にしないための母親の役割数学者の森毅氏が、規制緩和問題についてのテレビ討論を見ていたら、日本では自己責任の教育がないという話になったそうです。