子供に見せては困るような記事がたくさんある。

いじめている現場を見つけた時

教育の現状をみるとき
勉強ができても自分勝手な人間になりがちです

こうしたやりとりのなかで、子どもの書く習慣を引き出し、書くことを好きにさせるのですこの子どものときの書き込みが、けじめをつける意志力を持つ人間に育てるのです書いていないと、わがままになるよと言っていたのは、私が小学生のときの担任の先生です。その言葉が耳にこびりついて離れません。
ダンテ、ボードレール、芥川、私と言ったのは太宰治です。何を言おうとしたかはわかりません。しかし、これらの天才はみな、自ら生命を絶っています。彼らははたして、子どものときに思いっきり書き込んでいたのかどうか疑問だ、と私は思っています。
しつけが実を結んでくれる

子どもからこんなひとことがあるかもしれません。

o自己PRのできる子どもは、能力も高い一九九六年夏、アトランタでスポーツの国際祭典、オリンピックが開催されました。アトランタといえば、マーガレット·ミッチェル原作の小説、というより、ビビアン·リとクラーク·ゲーブル主演の映画で有名な風と共に去りぬの舞台となったところですこの物語は、今から百年以上も前、南北戦争時代のアメリカ南部に生まれたひとりの農
園主の娘の半生を描いたものですが、いまだに多くの人に親しまれ、すでに亡くなった作者に代わって、第三者により風と共に去りぬ·第二部が書かれ、出版されたほどです。

父親の権威はそれでめちゃめちゃになった。

その人気の鍵は、何といっても主人公スカーレット·オハラの魅力でしょう。気位が高く、鼻っ柱が強く、自己主張し、欲しいものは、従姉妹メラニーの婚約者でさえ自分のものにしようとする彼女は、いつも控え目で思慮深く受容的なメラニーと対極的に描かれており、強い性格が災いして、最愛の人を失います。そして生家も没落するのですが、焦土と化したタラの大地に、復興のため、ひとり敢然と立ち上がるエンディングが印象的ですここには、ふたりの女性の生き方が対照的に描かれていますが、スカーレットのように自己主張する強い女性がアメリカの伝統的な女性像かと思ったら、意外にそうではないことが最近になってわかってきました。
勉強しながらその先の進路

中学生のときに爆発してよかったのであって

コレット·ダウリングのシンデレラ·コンプレックスによると、女の子はそれほど自立を促されず、女の子ということで過剰に保護されるため、結局は自立できない依存的な生き方を選ぶことになるといいます。よって、長い間アメリカでも、メラニーのようなむしろ受容的な女性が、親にも夫にも、そして女性自身にさえも理想のように思われてきたようです。
はっきりと自己主張し、男性と互角にものを言い仕事をする、自立した女性がふえてきたのは、ベティ·フリーダンが女性解放を唱え、フェミニズム旋風がアメリカ全土を席巻した、数十年前ごろからのことなのです。

学校は集団的に糞づまりをこしらえる。
子どももしつこくは言いません。

中学校と進むほど

いじめをしていると耳もともとアメリカは個人主義の国で、自分の考えをはっきり言わないのは、言えない.あるいはしっかりした考えがないと見なされ、自己PRができるかどうか、プレゼンテション能力があるかどうかが、個人の評価に大きくかかわってくる社会です。このへんが和を重んじ、横並びの協調性が評価される日本社会とは大きく違う点です。
日本では、自分を宣伝するということは何だかいやらしいと、まだまだ市民権は得ていません。しかし、時代は確実に変わってきており、社会もニーズに合わせて能力を発揮できる人材を必要とするようになってきています。
教育熱が高まっている

育てることができないのです。

いい意味でも悪い意味でも、アメリカ型社会になってきているのです。
アメリカでは、女の子が自分の結婚のことで、相手に自分を上手に売り込むことを考えるといいます。決していやらしくなく、品位をもって。そうした自己PRのできる人間は能力が高いと見なされます。
学齢前の子どもたちの調査で、知能の発達とほかの能力との関連を調べたものがアメリカにあります。その調査結果によると、六歳児でIQの上昇が見込まれる子どもは、主張がはっきりしていて自立心があり、ほかの子どもたちに対して力を持つようになるが、1Qの上昇が見込めないとされた子どもは、受動的で、内気で、依存的だといいます。
日本でもこれからは、人と心が通じ合える、人の気持ちがよくわかるという、コミュニケーション能力、共感能力を土台に、パフォーマンスも含めた自己表現のできる子ども自分自身を上手にPRできるプレゼンテーション能力を備えた子どもが求められてくることは間違いありません。